カラーノイズ

を低減させるには [画像処理テクニック-カラーノイズの低減] RAW現像の「現像ドットコム」!

画像処理テクニックトップへ戻る

画像処理テクニック step3 レタッチ

カラーノイズを低減させる

1.カラーノイズとは

カラーノイズとは、Labカラーでいうaチャンネル(赤/緑)とbチャンネル(青/黄)に発生するノイズの事を言います。その中でもaチャンネル(赤/緑)に発生する、赤と緑の斑点状のノイズは画質を著しく劣化させて見せてしまいます。

赤/緑の斑点状カラーノイズが出ている画像

このページのトップへ

2.カラーノイズを低減させるには

まず、背景を複製します。(メニューから「レイヤー」→「レイヤーの複製」を選択)

画像モードをRGBカラーからLabカラーに変更します。(メニューから「イメージ」→「モード」→「Labカラー」を選択)

左から下記のように各チャンネルが並んでいます。aチャンネルのガサガサした画質がカラーノイズの原因です。

  • Lチャンネル(輝度)
  • aチャンネル(赤/緑)
  • bチャンネル(青/黄)
Labカラーモード

複製した背景のコピーレイヤーのaチャンネルに『ダスト&スクラッチ』を適用します。(メニューから「フィルタ」→「ノイズ」→「ダスト&スクラッチ」を選択)

ほとんどの場合、しきい値は1に固定し、半径を動かしてガサガサ感を低減します。

ダスト&スクラッチ

このままだと紅葉などの色が滲んでしまうので、レイヤーマスクを作成します。(メニューから「レイヤー」→「レイヤーマスク」→「すべての領域を隠す」を選択)
「すべての領域を隠す」を選択すると、黒いレイヤーマスクが作成されます。カラーノイズが発生している箇所だけを表示するようにしたいので、カラーノイズが発生している箇所をブラシツールで黒いレイヤーマスクを白く塗りつぶします。

レイヤーマスクをかけた状態

最後に画像を統合して完成です。(メニューから「レイヤー」→「画像を統合」を選択)

完成画像

赤/緑のカラーノイズがかなり低減されました。

補正前、補正後

このページのトップへ

画像処理テクニックトップへ戻る

DIGITAL PHOTO RETOUCH 最高のレタッチ技術で、思い通りの一枚に。
美女フォト こだわりの美しさを求めて、奇跡の一枚に。

RAW現像サービスのお申し込みはこちら!