画像トリミング

等について [画像処理テクニック-その他の機能] RAW現像の「現像ドットコム」!

画像処理テクニックトップへ戻る

画像処理テクニック step1 現像

その他の機能

1.トーンカーブ機能

「トーンカーブ」がCameraRAWにも搭載されたことにより、現像処理の段階である程度の高品質なRAWデータの現像が可能になりました。PhotoshopのようなRGBチャンネルごとの補正は出来ませんが、画像全体のコントラストや明るさの補正は十分に行えます。

トーンカーブウィンドウ

トーンカーブの使い方次第ではかなりレベルの高い現像が可能です。

このページのトップへ

2.カラーサンプルツール

9つのカラーサンプルのポイントの選択が可能で、「トーンカーブ」との併用でさらに細かい補正が可能です。

カラーサンプラーウィンドウ

このページのトップへ

3.ハイライト・シャドウの警告表示

デジタル画像を扱う上で最も基本で、最も気をつけなければならないハイライトのトビやシャドウの潰れの警告を表示させることで、トビと潰れが起きている領域が一目でわかります。ハイライトで白トビが起きている領域は「赤」、シャドウ部で潰れが起きている領域は、「青」で表示されます。

ハイライト・シャドウの警告表示ウィンドウ

このページのトップへ

4.トリミング

現像前に「トリミング」する作業は、現像処理時間の短縮と画像の容量が抑えられるといった点で有効な機能です。

切り抜きツール
「切り抜きツール」を選択してドラッグによって切り抜きたい範囲を指定します。また、メニューから切り抜きたい縦横比を選択するか、カスタム切抜きで数値を入力することで、切抜きを行います。
切り抜きツール使用
角度補正ツール
文字通り画像の傾きを修正するツールです。画像内の水平や垂直箇所に合わせ傾きを修正します。また、画像内に水平や垂直箇所がない場合は、マウスポインタを回転ハンドルにして、ドラッグによって傾きを修正します。
角度補正ツール使用

このページのトップへ

5.設定の保存

一度行った作業を登録保存しておくことで他の画像に同じ作業を適用させることもできます。

設定保存ダイアログ

設定を保存する際には、設定ダイアログの右上にある三角印をクリックし、「設定の保存」を選択します。

設定保存ダイアログ

このページのトップへ

画像処理テクニックトップへ戻る

DIGITAL PHOTO RETOUCH 最高のレタッチ技術で、思い通りの一枚に。
美女フォト こだわりの美しさを求めて、奇跡の一枚に。

RAW現像サービスのお申し込みはこちら!