ホワイトバランス・露光量

等について [画像処理テクニック-基本の補正方法] RAW現像の「現像ドットコム」!

画像処理テクニックトップへ戻る

画像処理テクニック step1 現像

基本補正

1.ホワイトバランスの設定

ホワイトバランスは、「色温度」・「色かぶり補正」のスライダを動かすことで、色温度を設定します。撮影時に適切なホワイトバランスが設定されていれば、「撮影時の設定」を選択します。

ホワイトバランスダイアログ

「色温度」はスライダを左に動かすと画像は青っぽく、右に動かすと黄色っぽくなります。

ホワイトバランス 色温度調整

「色かぶり補正」はスライダを左に動かすとグリーン、右に動かすとマゼンタが強くなります。

ホワイトバランス 色かぶり調整

また、「撮影時の設定」以外には、「自動」や「各光源別のメニュー」があります。「自動」は、画像の色から自動的にホワイトバランスをとり、「各光源別のメニュー」ではそれぞれの光源に合わせた補正を行います。

このページのトップへ

2.露光量・シャドウ・明るさ・コントラスト・彩度の設定

「露光量」の設定は、ハイライトの明るさの調整をします。スライダを右に動かすと明るくなり、左に動かすと暗くなります。

このとき、ハイライトがとばないように設定するのが基本です。

露光量調整

「シャドウ」の設定は、シャドウ部の暗さの調整をします。スライダを右に動かすと明るくなり、左に動かすと暗くなります。

このとき、シャドウが潰れないように設定するのが基本です。

シャドウ調整

「明るさ」の設定は、中間調の明るさを調整します。スライダを右に動かすと明るくなり、左に動かすと暗くなります。

明るさ調整

「コントラスト」の設定は、数値を上げるとハイライトとシャドウの差が大きくなり、数値を下げると差が小さくなります。

コントラスト調整

「彩度」の設定は、数値を上げると鮮やかな画像になり、数値を下げるとねむい画像になります。

彩度調整

このページのトップへ

画像処理テクニックトップへ戻る

DIGITAL PHOTO RETOUCH 最高のレタッチ技術で、思い通りの一枚に。
美女フォト こだわりの美しさを求めて、奇跡の一枚に。

RAW現像サービスのお申し込みはこちら!