Camera

RAW

について [画像処理テクニック-基本設定] RAW現像の「現像ドットコム」!

画像処理テクニックトップへ戻る

画像処理テクニック step1 現像

JPEGデータなどはPhotoshop上ですぐに開くことができますが、RAWデータの場合は現像処理が必要となります。RAWデータ撮影が可能なデジタルカメラを発売しているメーカーからは、そのメーカーの機種のみ対応のRAWデータ現像ソフトが発売されていますが、Photoshop CameraRAWやSILKYPIXなどは、様々なメーカーのRAWデータに対応しています。

CameraRAWウィンドウ

このページのトップへ

カラースペースの設定
Adobe RGB/ColorMatch RGB/Prophoto RGB/sRGBから選択します。
Adobe RGBをお勧めいたします。Adobe RGBは他のカラースペースと比較して広い再現領域を持ち、きめの細やかな色彩の表現が可能です。印刷物に対する適合性や色構成の厳密性が高く、特にDTP分野などで、標準的に用いられています。
ビット数の設定
「8bit/チャンネル」・「16bit/チャンネル」から選択します。
後の編集による画質低下を最小限に抑えられるため、「16bit/チャンネル」が良いでしょう。
サイズの設定
「+」、「−」、マークが付いていないものがあり、マークが付いていないものは撮影したままのサイズで、「+」が拡大、「−」が縮小したサイズです。
通常は、撮影したままのサイズを選択しておくと良いでしょう。
解像度の設定
印刷時の解像度を設定するので、画質には影響しません。
通常は、350dpiで作業するのが一般的です。

このページのトップへ

画像処理テクニックトップへ戻る

DIGITAL PHOTO RETOUCH 最高のレタッチ技術で、思い通りの一枚に。
美女フォト こだわりの美しさを求めて、奇跡の一枚に。

RAW現像サービスのお申し込みはこちら!