コピースタンプツール

を使ったごみ取り [画像処理テクニック-コピースタンプツール] RAW現像の「現像ドットコム」!

画像処理テクニックトップへ戻る

画像処理テクニック step3 レタッチ

細かいホコリやごみを消す場合は、「コピースタンプツール」を使用するのが最適です。文字通りコピーをして消す作業ですので、画像の中で似たテクスチャーを探して、ホコリやごみを覆い隠す方法です。

コピースタンプツールを使ったレタッチ

コピースタンプツール使用時の注意点

  • レタッチ用に制作したトーンカーブをかけ、画面を100%表示にしてごみを取ります。
  • ブラシの「硬さ」を75%にして作業すると跡が残りづらくなります。
  • 点ごみの場合は、ごみの大きさにブラシサイズを合わせて、一回のスタンプで一つのごみを消すようにします。
  • 大きめのごみは、点の集積で消すようにします。
  • スタンプツールをドラッグして使用すると、画像に跡が残ってしまうので、ドラッグしないようにします。
コピースタンプツール使用時の注意点

このページのトップへ

画像処理テクニックトップへ戻る

DIGITAL PHOTO RETOUCH 最高のレタッチ技術で、思い通りの一枚に。
美女フォト こだわりの美しさを求めて、奇跡の一枚に。

RAW現像サービスのお申し込みはこちら!