輝度ノイズ

を低減させるには [画像処理テクニック-輝度ノイズの低減] RAW現像の「現像ドットコム」!

現在webサイトからのご注文を受け付けておりません。ご注文をご希望の方はお問い合わせよりご相談ください。お問い合わせはこちら

画像処理テクニックトップへ戻る

画像処理テクニック step3 レタッチ

輝度ノイズを低減させる

1.輝度ノイズとは

輝度ノイズとは、LabカラーでいうLチャンネル(輝度)に発生するノイズのことを言います。デジタルカメラでは撮影感度を自由に設定することができますが、感度を高くしていくと、同時に画像にノイズも発生しやすくなっていきます。Lチャンネルは画像のディティールを構成するチャンネルであり、適度な輝度ノイズでは大きな問題は発生しません。しかし、過度な輝度ノイズは画像のディティールを壊してしまいます。

輝度ノイズの出ている状態

このページのトップへ

2.輝度ノイズを低減させるには

輝度ノイズは以下の手順で緩和できます。

Photoshop CS2のフィルタから「ノイズを低減」を適用し、輝度ノイズが低減されるよう調整します。設定値は対象画像やノイズの加減にもよりますが、下の参考画像の場合は以下のようになります。

  • 強さ:10
  • ディティールを保持:10%
  • カラーノイズを低減:0%
  • ディティールをシャープに:0%
ノイズを低減ダイアログ

輝度ノイズが低減されました。

補正後

このページのトップへ

画像処理テクニックトップへ戻る

DIGITAL PHOTO RETOUCH 最高のレタッチ技術で、思い通りの一枚に。
美女フォト こだわりの美しさを求めて、奇跡の一枚に。