シャープ・輝度

等について [画像処理テクニック-詳細な補正方法] RAW現像の「現像ドットコム」!

画像処理テクニックトップへ戻る

画像処理テクニック step1 現像

「シャープ」の設定は、画像の輪郭の強調する度合いを調整します。 数値を上げると強くかかり、下げると弱くなります。強めにかけても、アンシャープマスクのようなはっきりとした境界線はできません。

シャープ設定

「輝度をスムーズに」の設定は、デジカメ特有の高感度設定での撮影や、長時間露出での撮影時に発生するグレースケールノイズ(輝度ノイズ)を低減させる時に使用します。

輝度をスムーズに設定

「偽色の低減」もデジカメ特有の、撮像素子の特性によるノイズを低減させる時に使用します。

偽色の低減設定

「輝度をスムーズに」や「偽色の低減」機能は、数値を上げれば上げるほど画質の低下を招くので、あまり多様すべき機能ではありません。

このページのトップへ

画像処理テクニックトップへ戻る

DIGITAL PHOTO RETOUCH 最高のレタッチ技術で、思い通りの一枚に。
美女フォト こだわりの美しさを求めて、奇跡の一枚に。

RAW現像サービスのお申し込みはこちら!